ラジオ広告の費用対効果改善方法

ラジオ広告で費用対効果を確実に5~10%改善する方法

このページを見に来てくれた方、ということであれば、既に何らかのラジオ広告を実施されているか、

或いは、これからラジオ広告を始めようと思っている方かと思います。

今の時代は、テレビ、新聞、雑誌、フリーペーパー、インターネット(リスティング、アフィリエイト)などなど、様々な広告方法があり、その中で、効率良く売上を伸ばすためには、商品のターゲット層にマッチした広告展開を選ぶ必要があります。

媒体特性を理解せずに、

「広告代理店から提案された広告費が安かったから。」

「広告代理店がこの広告をやれば売れるって言ったから。」

と安易に実施すると大抵失敗します。

●ラジオの媒体特性

AMラジオは比較的高齢のリスナーが多いのが特徴です。

FMは、AMよりは少し若い世代。

但し、AMラジオでも、早朝~夕方までは高齢者が多くても、

夕方以降はラジオ局の編成で、アニメ系の番組が多い場合、夕方以降は若者層が増えます。

AMラジオで、日中の時間帯に、20代向けの商品を販売しようとしても、当然売れません。

媒体特性を理解して販売商品の決定、放送時間帯の決定を行うだけでも、費用対効果の改善は可能です。

⇒広告代理店に相談すれば色々アドバイスをくれると思いますが、費用対効果が確実に改善する、とは言えません。

●ラジオ広告の種類

・3~5分のラジオショッピング

・各ラジオ局のアナウンサーが読む60秒~90秒前後の生CM

・20秒、40秒、60秒のスポットCM

・既存の番組へのスポンサー提供

・タイム枠を使っての自社企画番組

などなど、ラジオ広告と一言で言っても、多様なやり方があります。

比較的低価格な商材で、それ程複雑な説明がいらない【食品】などの場合には、

ラジオショッピングや生CMでも十分レスポンスは取れると思います。

逆に、比較的販売価格が高く、しっかりとした説明などが必要な場合には、ラジオショッピングでは難しいかもしれません。

さらに、商品を販売するのではなく、自社のブランド価値を高めるためであれば、番組へのスポンサー提供も有効だと思います。

ラジオ広告を使って何をしたいのか?によって、広告展開は様々変わりますし、費用対効果も大きく変わります。

⇒これも広告代理店に相談すれば様々提案してくれると思いますが、

 費用対効果が確実には改善する、とはいえません。

●費用対効果が確実に改善する方法

弊社が長年培ってきたノウハウでラジオの広告の費用対効果を5%~10%は確実に改善する方法があります。

ラジオに限らず、既に広告を出稿している実績がある場合、実績価格として放送局側に登録されていますので、基本的には、どの広告代理店経由で実施しても、広告費は変わらないことが多いです。

差が出る要因は、それぞれの広告代理店のノウハウややり方、などが関わってきますが、弊社独自のノウハウのため、ここでは記載ができませんので、もしご興味がある方は、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。

E-mail: info@hkc.bz  担当:坪田