ラジオ媒体の場合、特定のコアなリスナー層がいるため、

その層に向けて訴求している商品であればある程度のレスポンスは期待できます。

しかし・・・これはラジオだけに限らず、テレビ、雑誌、新聞などの媒体でも同じですが、

ある程度回数を実施すると、徐々にレスポンスは減っていきます。

★ラジオショッピングのレスポンスの動き

①1回放送しただけではレスポンスは取れない

私が今までやってきた経験則のため、商品ややり方によっては違うかもしれませんが、

ラジオショッピングの場合、まず1回、2回放送してもレスポンスはそれ程取れません。

というのも、逆の立場になって頂ければ分かると思いますが、

たまたま聞いていたラジオで紹介された商品を聞いただけで注文します?

「何か良さそうだなぁ」と思ったとしても、その瞬間に衝動的に電話注文する人はそれ程多くはないと思います。

②放送直後に瞬発的に電話が大量に鳴ることが減っている

ラジオだけに限らずテレビショッピングも同様だと思いますが、

昔ほど、放送直後に大量の電話が鳴ることは無くなってきているように思います。

今の時代、インターネットで比較検討が容易に行えますし、

そもそも電話で注文するよりも、ネット経由で注文したい人も増えているので、

放送直後に電話が一気に鳴る、というよりも、放送直後から、翌日、翌々日くらいにかけて、

分散して注文が入ってくることが増えてきているように思います。

③山なりなイメージ

ラジオの場合、耳だけで聞く媒体のため、

耳から何度も聞いていると段々親しみを覚えてくれることが多いと思います。

放送回数が増えると徐々にレスポンスは増え、ただ、また暫くすると徐々に減っていく。

ただ、ここが難しいところですが、

新規のお客様の獲得だけを考えると、単純に放送を止めてしまうことの方が良いですが、

既にご注文下さっているお客様へのリピート施策としてであれば、

放送を続ける方が、リピート率は高い傾向にあります。

★ラジオショッピングの放送局が切り替わり中?

有料版のRadikoを使えば、ほぼ全国のラジオを聴けます。

私も定期的に聞いておりますが、今月、動きが起こってきている感じです。

元々某放送局での「やたらラジオショッピングやっているなぁ。」と思っていたのですが、

ここ数週間、その放送局でのラジオショッピングがガクッと減り、

今まであまりラジオショッピングが流れていなかった別の放送局でラジオショッピングが急に増えてきています。

 

ラジオショッピングを積極的に実施している会社はあまり多くないので、

その数社が移動を始めると結構目立ちます。

 

※中途半端な記載になってしまってますが、打ち合わせになってしまったので・・・。