娘が6歳になり、小学校に入学したので、

そろそろ【遊園地に遊びに行く、動物園や水族館に行く】とかではなく、

【6歳の娘とアラフォーの自分が一緒に楽しめて、さらに、両方の成長に役立つアクティビティは無いかな。】

と探していたところ、家の近くでボルダリングが出来るところを見つけました。

ボルダリングは、5年、6年くらい前に、知り合いの広告代理店の人が始めたのを聞いていて、

気になってはいたのですが・・・。

今回良い機会なので、娘とボルダリングを始めてみました。

●壁に上る6歳の娘

子育てにも良いボルダリング

●壁に上るアラフォー坪田 (6歳の娘が撮影)

ビジネスにも役立つボルダリング

私もまだ始めたばかりなので詳しくは無いですが、

ボルダリングは、肉体を鍛えるだけでなく、メンタルを鍛えることにも良いように思います。

ただ単に壁を自由に登れば良い、というのではなく、難易度によって傾斜度や上るルートが決まっていて、

壁に付いている石も、ルートによって触って良い石が決まっています。

これが結構難しい。

腕の力だけで昇ろうとすると腕が疲れてしまい最後まで上りきれないので、如何に全身をうまく使うか。

 

他の先輩ボルダラーを見ていると、実際に壁を上る時間よりも、

壁に向かってどうやって上るか、のシミュレーションをしている時間の方が長い。

 

 

こういうのって、ビジネスマインド育成にも役立つように思います。

ビジネスにおいても、目標があり、その目標達成に向けて闇雲に動けば良い、というものでもない。

また、目標に辿りつく道も様々あり、何をどうやって進めて行けば良いのか・・・。

事前のシミュレーションがとても重要。

試してみてダメだった場合には次のやり方を試す。

うまくいった場合には、さらに次に進めるためのシミュレーション。

 

娘にとっても、今の時代はどうしても子供に優しい社会で便利なツールも多いですが、

ボルダリングは、誰の助けも受けれず、自分一人の力で壁を上りゴールに辿りつかないといけない。

生きていると様々な壁が立ちふさがると思いますが、その壁を乗り越える力を身に着けてもらいたいな、と^_^

 

とりあえず、今日は全身筋肉痛です。